BOJweblog2006

2006年度の大学バスケ界の大会レポート、選手インタビューなどを中心に掲載します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インカレ5日目 Aコート第1試合 法政大VS慶應義塾大 Nov.23

法政大65(11-20,11-28,19-25,24-15)88慶應義塾大
1123komatu法政大65(11-20,11-28,19-25,24-15)88慶應義塾大
リーグ戦では慶應大が2勝、しかし1戦目は延長戦となった両者。能力者を揃える法政大はインサイドの高さこそないものの、ノッたら恐ろしい強さを発揮する。だがムラがあるのが弱点でもある。法政大が最高のパフォーマンスを発揮すれば見応えある勝負になることが予想された。慶應大は法政大に外を打たせないことが条件だが、1Qを支配したのは慶應大。#3高久(4年・C)に3Pを打たれたものの、#7竹内公輔(4年・C)のポストアップ、ミドルシュートなどでリードする。法政大の出鼻をくじいたことで慶應大はリズムに乗るが、反対に法政大は攻撃のきっかけがなかなか掴めない。2Qになっても慶應大のマンツーマンディフェンスが法政大に対応しているのに対し、法政大はインサイドの#7竹内相手に思い切りよくシュートが打てず、外角の確率も上がらない。かろうじて#23信平(1年・SG)、#9高橋(3年・SG)の3Pなどは決まるが、前半の得点はたったの22点と、全く点が取れずに終了した。

後半に入っても流れは変わらない。単発の攻撃になる法政大に対し、慶應大はこの試合も3Qに#7竹内が見事にダンクを決めて会場をわかせると、更に早い展開から速攻を次々と出し、得点を重ねる。余裕の出た慶應大はベンチメンバーも出場させていくが、ファウルが多くなり法政大にフリースローを与える場面が増えていく。それでも法政大の流れにはならず最後まで慶應大ペースのまま試合終了。慶應大が法政大を圧倒してベスト4に進んだ。法政大は最初に掴み損なったリズムを最後まで回復できなかった。

■慶應義塾大・酒井泰滋選手、竹内公輔選手のインタビュー、法政大・原田Aコーチのインタビューは「続きを読む」へ。

◆#4酒井泰滋(慶應義塾大・4年・F・福大大濠)
1123sakai2-日大について。
「日大は菊池(#4)のチームなんで、僕が抑えることで勝つ可能性は上がります。今日は聞くところによると50点オーバーということなので、僕がディフェンスに専念するというか重点を置くことも一つの方法です。気分よくやらせないようにしっかりとやります」

-佐々木HCは小野寺選手(#9)も要注意と言っていましたが。
「僕はつかないですが、あそこでつながれると盛り返してくると思います。彼にも仕事をさせないように他のメンバーにも言おうと思います」

-リーグ戦中は菊池選手も波があって、インカレではまた調子が上がってきているようですが。
「でも僕等の試合の時にどうかということなので。リーグ戦では僕は1戦目はディフェンスに重点をおいて入って、2戦目はオフェンスにも貢献しようかという意識でやっていました。それで菊池の得点を見ると1戦目は10点台で2戦目は30点台を取られているので、それを考えるとディフェンスの意識を強く持ってやることが必要だと思います。僕にも意地がありますし、負けないようにやりたいです」

-昨日は大東大のチャールトン選手に菊池選手対策を教えたそうですね。
「教えたというほどじゃないです。たまたま会ったので“どがんすればよかと?”って聞いてきたんで軽く。“ボール持たさないこと”って言っておいたんです。同じ長崎県民というのもあって話しやすいし、菊池とはよく(マッチアップも)やってるので。菊池は調子良さそうだけど、それを抑えることで僕自身も乗れると思います」




◆#7竹内公輔(慶應義塾大・4年・C・洛南)
1123kosuke2-勝因は。
「今日はいい展開でできたんで。特にディフェンスが良かったと思います」

-リーグの法政戦は第1戦、延長に持ち込まれました。今日は?
「あの時はまだかみ合ってなくて。今日はみんな気合いが入っていたので、序盤からいい展開ができたんじゃないかと思います」

-次は日大ですが。
「菊池(#4)だけを抑えたら勝てると思います。そこだけですね」

-リーグ戦では日大もちょうど調子が落ちてきている時でした。またチームの調子は戻ってきていますが、その辺は怖くないですか?
「ああでも、リーグでは日大とは2試合とも危ない試合やったんですよ。あの時僕自身ケガをしてあまり調子は良くなくて。実は今日も朝起きたら37度5分ありまして、ちょっと試合に出られるのかなというのはあったんですが。でも普通にできて良かったと思います。明日は軽めに練習して、明後日には完璧な状態でいけたらええなと思います。そしたら大丈夫やと思います」

-取材も多いし何かと忙しいようですが、集中の部分はいかがですか?
「取材以外にもいろいろあるのでちょっと疲れますが、言い訳にせんとやって、決勝で東海とやりたいと思います」

ム太田選手(#5)とのマッチアップはいかがですか?向こうは対策をして特訓を積んでいるようですが。
「特に意識してないです。決勝に行くことだけしか考えてないです」




◆原田有人Aコーチ(法政大・4年・洛南)
1123haradaこの1年、法政大で最も苦悩したのはこの人かもしれない。
コーチ不在のチーム状況をなんとかするべく
自らAコーチを買って出たが、能力も個性も強い
法政の選手達をいかにまとめるかという
苦心が常に見え隠れしていた。



-敗因は。
「完全に試合を止められた感じですね。相手にやられる分にはしょうがないと思ったんですがウチのシュートが公輔(#7竹内)にびびって入らなすぎました。普段なら高久(#3)がインサイドに入るので外も打てるんですが、高久が外に出てしまったので全員が外からという形になっていました」

-この3戦を終えて、リードされたり接戦になるような部分もあって集中力が感じられない部分も見受けられました。
「確かに初戦からあまりいい形になれなくて。結果として勝ってはいますが僕も確かに『これで大丈夫かな』というところがありました。でもトーナメントは結果が全てなんでとりあえず慶應戦まで持っていければと。ウチは本当に流れのチームなので例え2試合が悪くても慶應戦で気持ちが変わればミラクルが起きるかなと思う部分はあったんですが。でも力負けした感もあります」

-入れ替え戦まで行ってしまった影響は?
「正直僕も含めて4年生、高久もみんなも入れ替え戦で最高潮というか。2部には絶対落としたくなかったし、インカレよりも入れ替え戦を絶対勝とうというのがあって、モチベーションという部分では入れ替え戦に臨む部分より上回れなかったというのがあります」

-残り2戦ありますが。
「去年はここで2連敗して8位で終わってしまったので、絶対2つ勝って気持ちよく終わりたいです」

-モチベーションという点では落ちることはないですか?
「慶應戦にしぼってここで勝つか負けるかでという形でやってきたんですけど、納得のいくゲームではなかったです。でもあれだけ力の差を見せつけられて負けてしまったので、高久自身は悔いはないと言っていましたし、その辺は開き直っていけると思います」

-オールジャパンはどうされますか?
「あ、僕は選手として登録しています。僕が選手として出たいと言ったらみんながいいと言ってくれました。もちろん試合に出られるかどうかは分かりませんが、最後とか少ない時間でも4年生で出たいです。コーチとしてはあと2試合ですね」

-春の途中からこのインカレまでコーチとしてやってきましたがやってみてどうでしたか?
「バスケットの技術云々というのもありますが、それ以上に選手の性格だとか人間性だとかそういう部分がやっぱり難しかった。結局コーチといってもみんなと同級生だったり後輩の関係で、完全に割り切ることはできない。普通のコーチに比べて選手に近いしそれが何でも言える反面、逆に選手の色んな情報が入ってきてやりずらかったし、このインカレも最後の最後までそういうのが出てきてしまった。でもコーチをやると決めた時にそういうリスクも考えていたし、もしかしたら人間関係が崩れるようなことも考えなければいけないというのもありました。でもバスケットボール選手としてというより一人の人間として使っていくという立場は想像以上に大変でした」

-大きな経験をしたという感じですね。
「この1年間が大学4年間よりもはるかに充実していたし、自分自身も収穫が大きかったのでやりがいはありました。最後は楽しくウチらしくやって終わりたいですね」


スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。