BOJweblog2006

2006年度の大学バスケ界の大会レポート、選手インタビューなどを中心に掲載します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インカレ2日目 Nov,20

筑波大92(19-17,29-16,17-15,27-31)79九州産業大
1120ozaki関東2部リーグ、九州リーグをそれぞれ圧倒的な強さで制した筑波大と九州産業大。
1Qは一進一退の攻防が続く。攻守の切り替えが速く、スピーディーなバスケットが展開される。しかし、2Qに入ると筑波大の激しいディフェンスを前に九州産業大の得点が止まってしまう。ここで離されたくない九州産業大は#11朱(3年・C)の高さを生かしたプレーで追いすがるも、筑波大#7吉田(3年・G)に連続3Pを決められてしまう。また、ファウルがかさみ、筑波大にフリースローを与える場面が多くなる。筑波大はもらったフリースローをコツコツを決めていき、前半終了時には15点差をつける。
後半、なんとか流れを掴みたい九州産業大。しかし、オフェンスが単発になってしまい、なかなか得点が伸びない。#12川本(3年・SG)が再三3Pを打つも、リングに弾かれてしまう。一方の筑波大は確率こそよくないが、内外角バランスよく得点を重ねていく。4Qに入ると、九州産業大はオールコートディフェンスを展開。すると筑波大は連続してミスを犯し、その間九州産業大は#10加納(4年・SF)、#14藤江(1年・SG)の3Pで得点を重ねていき、11点差まで詰め寄る。ここで筑波大はタイムアウトを請求。流れを断ちたいところだが、九州産業大のディフェンスを前にバタバタしてしまう。一気に差を縮めたい九州産業大だったが、残り4:07でゴール下の要であった#11朱がファウルアウト。続いて司令塔#4千々岩(4年・PG)もファウルアウト。最悪の状況となってしまう。ここを見逃さなかった筑波大は#5尾崎(4年・F)のブレイクなどで得点を重ねていき、九州産業大を突き放す。九州産業大は#10加納が孤軍奮闘するも、追いつくまでには至らず。九州産業大の追い上げを冷静に対処した筑波大が勝利、2回戦へと駒を進めた。
写真:筑波大・尾崎の速攻。
■九州産業大・藤江選手のインタビューは「続きを読む」へ。


鹿屋体育大68(20-18,20-32,10-17,18-27)94大東文化大
1120edo リーグ戦とはスタメンを変え、#9山本(2年・G)、#13チャールトン(3年・F)などを起用した大東文化大。しかし立ち上がりの鈍い傾向を相手につけ込まれ、序盤は鹿屋体育大の#5伊藤(4年・C)のシュートなどで点差を空けられてしまう。ようやく反撃できたのは残り4分になってから。#7李(1年・PF)の速攻、#13チャールトンのミドルシュートで追い上げると、#4金城(4年・G)のドライブでようやく逆転する。しかし鹿屋体育大もシュート確率は良く、#7小野(2年・PG)、#16向井(1年・PG)、#7伊藤らのアウトサイドで2Qまで接戦に持ち込む。だが、2Q後半になってシュートが落ち始めると大東大のペースとなり、10点差がついてしまう。余裕の出た大東大は外角の確率は上がってこないが、インサイドでの得点を重ね、鹿屋体育大を突き放していく。鹿屋体育大は#5伊藤のところでシュートを返せるが、リバウンドでは大東大に分がある。4Qではディフェンスを締めてダブルチームで大東大を止めようとするが点差は離れてしまう。大東大は最後に出場した#11本田(4年・SG)が3Pを決めてチームも応援団も大喝采。鹿屋体育大は#5伊藤が34点と奮闘したものの、他のところで得点が伸びず、1回戦で敗退となった。
写真:スタメンで出場の大東大・山本。
■大東文化大・西尾コーチのインタビューは「続きを読む」へ。


北教大岩見沢70(15-23,17-15,21-23,17-28)89明治大
1120negishi4年連続4回目のインカレ出場となる北教大岩見沢校。悲願の1勝を願い、成長を遂げてきている。明治大に対しては高さがない分インサイドの競り合いは厳しいが、ダブルチームで1Qから激しく動き回り、明治大にプレッシャーをかける。そのせいか明治大も序盤はシュートが決まらず、#5山下(2年・PG)もボールの扱いでミスをするなど、立ち上がりは効果が見られた。中で勝負できない分、アウトサイドの攻撃が多くなる北教大。#7朝倉(4年・G)、#8熊坂(4年・F)、#6丸山(4年・G)などの3Pが続き、1Qは好調な出足となる。しかし明治大も落ち着きを取り戻すと#99横尾(4年・SG)、#13根岸(3年・F)、#10古橋らの得点が続き、逆転。8点のリードで終えた。2Qも北教大が粘る。サイズは小さいながら運動量の豊富なガードがスティールを積極的に狙い、追いすがる。明治大は#9北向(3年・PG)、#7真弓(2年・C)など豊富な人材を細かく入れ替えるが得点面では伸びず、逆に北教大に点差を詰められ、6点差で前半終了。3Qになると北教大の得点が止まる。明治大の高いディフェンスの前に苦しいシュートしか打てなくなる。反対に明治大は#9北向のタッチが良くなり、#23川崎(1年・SG)や#99横尾の3Pがいいタイミングで決まって北教大の反撃の芽をくじく。3Qで点差をつけると明治大には余裕がでて4Qは明治ペース。しかし、北教大は走り、シュートを打ち続けて粘りを見せて、最後まで試合を捨てずに闘い抜いて試合を終えた。
写真:速攻を決める明治大・根岸。
■北教大岩見沢校・吉田コーチ、朝倉選手のインタビューは「続きを読む」へ。


浜松大79(23-17,23-23,21-21,12-15)76札幌大
1120mamadu東海地区1位の浜松大と北海道地区1位の札幌大。各地区の1位同士が激突したこの試合、最後まで行方のわからない展開となった。
試合は序盤、札幌大が#5久米(4年・G)の3Pなどで連続得点をあげたが、浜松大はインサイドだけでなくアウトサイドでも得点を重ねリードを奪う。2Qに入り、豪快なダンクを決めたりと調子が上がり出してきた#21ママドゥ(1年・C)であったが、ドライブ・3Pと好調な札幌大#8山本(4年・C)に対し3つ目のファウルを犯してしまい早くもベンチに退いた。#4阿部(4年・F)のドライブも決まり札幌大に追い上げムードが漂ったが、浜松大#14高村(4年・PF)の連続バスケットカウントがこの流れを断った。しかし残り4.1秒、浜松大#8中谷(2年・PG)がテクニカルファウルを犯してしまい、#10下澤(3年・G)が2本とも沈め、46-40で前半を終える。
後半、札幌大は#4阿部、#10下澤の連続3Pで1点差まで詰め寄ったが、またしても#14高村がゴール下でバスケットカウントを決め、流れを切った。更に、#19大石(1年・PG)がノーマークの3Pをきっちりと沈める。67-61で札幌大が6点を追う形で最終Qを迎えるが、両チーム共にファウルトラブルが気になるところである。4Q、両者得点の取れない時間帯が続いた。しかし、浜松大#21ママドゥがバスケットカウントを決めると、#7山田(4年・SG)の3Pも決まり12点差をつけた。札幌大は#8山本を投入しようとしたが、交替が終わらずコートに6人いる状態で試合がスタート。#21ママドゥがダンクを決めるものの、これは認められずノーカウント。9点を追う札幌大、ここで#4阿部が連続3Pを決めて3点差まで詰め寄ったがタイムアップ。浜松大が大激戦を制し、2回戦へと駒を進めた。
写真:浜松大の注目選手、ママドゥ・ジェイ。
■浜松大・木宮監督、札幌大・阿部選手のインタビューは「続きを読む」へ。



◆#14藤江建典(九州産業大・1年・SG・福岡第一)

4Q中盤、コートの中から「追いつけるよ!」との声が上がった。
その声の主はなんと、1年生。
この一声の後、九産大は波に乗り11点差まで詰め寄った。
最後はベンチに下がる形となってしまったが、常に攻め気を忘れず、コートを駆け回った。

-相手が筑波大ということで、何か意識していたことはありましたか?
「特にないです。いつも通りやれればいいかなと思っていました」

-1年生ながら、声を出してチームを引っ張っている姿が印象的でした。
「インカレで4年生が最後だから、勝たせてあげたいという気持ちがあったのと、1年生だからって引いてたら駄目だと思って、普段から声を出すように意識はしてます」

-4Q中盤の「追いつけるよ」という声の後、本当に追いつきましたね。
「そうですね(笑)」

-3Pも高確率で決まっていたように思えます。
「自分はもともと3Pが得意なので。九産は走るバスケからシュートを打っていくというスタイル。あの場面(4Q中盤)では走れていたので、まだ行けると思って、声を出しました」

-しかし、後半は足が止まってしまいましたね。オフェンスもかみ合っていないように思えました。
「実は怪我人が多くて、あまり練習が出来なかったんです。だから、体力面でちょっと落ちてる部分があったんだと思います」

-来年、またこの舞台に帰ってきたいですか?
「そうですね。今度は勝って、もっと上を目指していきたいです」



◆西尾吉弘コーチ(大東文化大)
-序盤は鹿屋体育大にリードされてしまいました。
「そうですね。うちのチームはずっとこんな感じですね」

-では特に焦りもなくということでしょうか。
「そうなるかもという予想はできていました。トーナメントもそうだし、去年のインカレもそうだったので。できれば本当は前半で勝負を決めてというのが理想なんですが、そこはちょっと課題の残るところですね」

-リーグ戦とはスタメンを変えてきましたね。
「入れ替え戦で痛い思いをしたのでリフレッシュしようかなと。ウチは誰が出ても同じくらいの力なので。それで今日の試合と、明日の練習を見て次の日大に向かっていきたいと思います」

-今日はドライブなどインサイドでは得点できていましたが、外の確率が悪かったですね。
「そうですね。入らなかった。ディフェンスもそうだったんだけど、ここっていう時にシュートが入らなかったからちょっとしんどい思いをしましたね。日大相手にはそれが入らないと勝負にならないと思うんで、本人達も分かっていると思うし、明日調整して備えたいと思います」

-入れ替え戦の後、チームの様子はいかがだったでしょう。
「正直1部に上がることが目標だったからなかなか切り替えできない部分もあったんだけど、ただまだ若いチームだし、やらなければならないことは分かっているから、僕が思うよりは案外切り替えは早かったかなと思います」

-では、明後日の意気込みを。
「日大戦に全てをかけて、チャレンジマッチで挑みたいと思います」



◆吉田 篤コーチ(北海道教育大学岩見沢校)
1120yoshida2同じ目線で見て、指導する。
学生コーチとしてベンチから
最後まで出し続けた声は
少し嗄れていた。


-学生コーチでいらっしゃるんですか?
「うちのチームは監督がいないので毎年学生がコーチと監督を兼任している形です」

-残念でしたが、頑張りの感じられた試合でチームの良さが見えました。
「こっちは国立大学で毎年いい選手が入ってくるとは限らないし、身長もないし監督もいないので、みんなでぶつかりあいながら固まってきたチーム。上からしゃべる人はいないですけど、みんなが同じ立場でしゃべれるのがいいところですね」

-明治大相手でしたが、序盤からディフェンスはすごくしつこく当たっていきましたね。
「ビデオとかを見ていて、大きいしいい選手が多い。でも高校時代はガードをやっていない人がコンバートされているところもあると思って、ボールマンプレッシャーをかけていけば高さで劣る分、平面で勝てるかなというところでした。逆にそこで守りに入ってしまうと相手のやりたいオフェンスをさせてしまうので、ディフェンスをしつこく行こうということはずっと大会前から話し合っていました。後半少し疲れが出たところで引き気味になったところで得点を重ねられたという感じですね」

-4年連続出場で、1年ごとにチームが少しずつ成長しているのが見える気がしました。
「特に今年の4年生は1年生から出ている人もいるし、4年が積み重ねてきたものを3年、2年、1年と下の学年にプレイだったり姿勢を伝えてきている部分があると思います。4年が築いてきたものが今のウチのチームの特徴だし、4年がチームにもたらしたものは大きいと思います」

-今日はもう少し頑張れば勝利も見えたかも、という感じでした。
「全国で僕等が1勝するということが大きなことだったので、内容より勝ちにこだわっていくとずっと言っていたし、結果が出なかったのは残念です。でも小さいながらも勝てるところもあったし、特徴が出せて負けてしまったのでどうしようもないですね。でも出しきって負けたと言う感じです」

-学生コーチとしてどのようなことを心がけていますか?
「試合の時は監督としてやって、練習ではメニューを作ったりマッサージもします。そういう関わりの中で監督という役割に固執しないでコミュニケーションを多くとったり、自分の作った練習メニューをプレイヤーがこなすということで彼らの頑張りも間近で感じることができます。そういう関わりを密に取って行動も一緒に行動することが多いので、プライベートの付き合いも大事にしています。試合の時だけ監督ヅラしても信頼してもらえないですから。普段からやれることはやっているという感じですね」

-今日は札幌大も粘りましたし、北海道勢が頑張りましたね。
「北海道はほとんど道内の選手でやっているので、結束力はあります。環境に恵まれない分、全国で一勝するというのは誰しもが描く目標だと思います。来年、再来年とまだコーチを続けるので、また頑張りたいと思います」



◆#7朝倉雅史(北海道教育大学岩見沢校・4年・G・市立柏)
1120asakura東京出身、市立柏から北海道へ。
自分の経験を伝え、
チームを成長させようと4年間
積み重ねてきた。


-今日は惜しい試合でした。
「北海道にいると関東のチームとやる機会がないのでまずはそれに慣れて、試合に入っていくという感じでした。はっきり言って実力差があるし、10回に1回勝てたら、それがこの試合でくればいいなと思ってやっていたんですけど」

-今日はディフェンス面では激しくいきましたね。
「相手が大きくてそのままガチンコでやってしまうと向こうに分があるので、こっちから攻めて攻めて相手のミスを誘うようにディフェンスしないと勝機はない。それは明治と対戦相手が決まってから言ってきました」

-吉田コーチが4年生が積み重ねてきたものが今年実ったと言っていました。
「僕等が入学してから4年連続出場していて、その経験を下の子たちに伝えないといけないし、僕等もそれをふまえてチーム作りをしていかなければならないというのがありました。下級生の時から自分たちの代ではこうしようというプランはありました。チーム作りという点では積み重ねてきたものがここで出たと思います」

-今日は追い上げていい部分もありましたが、残念でした。
「僕たちも勝ちは目指すものだと思っていますが、どこまでできるか分からなかったのであそこまで追い上げることもできたし、前半1桁で終われたし、4年間の集大成と言えます。1年目は場に立つだけで緊張してしまって、2年目、3年目は関東1部の上位と当たって実力差で負けてしまった。今年は関東の中でもそこそこの順位が相手だったので“やってやろう”という気持ちになって、それがゲームに現れたと思います」

-市立柏出身で、チーム内では全国大会の経験もある方ですね。
「(他の選手に経験がないという点で)象徴的なのが、今日僕がつくガードが186の人ということでした。北海道で言ったら186ってセンターとかフォワードなんですよね。でも僕はこっちでやっている時は180後半でも普通にガードをやっていて珍しくなくて、そういう感覚だったんです。でもチーム内では『お前が186につくの?』みたいな感じで、そこはカルチャーショックありましたね」

-そこが地方の感覚の違いなんですね。今日は悔いがないとは言えないと思いますが、大学で4年間やって良かったですか?
「僕自身バスケットを上のレベルでやりたいけど無理かなと思っていました。でもやってみたら熱くなったし、関東で経験していたことを北海道でもっと広めれば、こっちにきて全国で1勝という夢を叶えられるのかなって思えたので、4年間やりがいはすごくありました。(東京出身なので)こっちにくれば小さい頃からの付き合いのある人に会えるし、バスケットを通してすごくいろんな人とつながりができましたね」





◆木宮敬信監督(浜松大)

-前評判では浜松大の方が有利だと思われていたと思いますが、このような接戦となった理由は何でしょうか?
「シュートが全然入らなかったね。その辺でリズムが作れなかったし、相手のファウルも多くて切られてしまうのでフラストレーションが溜まる展開で。今日はオフェンスが良くなくて、特にアウトサイドが今年1番悪いくらいの出来でしたね」

-自分達自身もファウルがかさんでしまい、大事な場面で主力選手をコートに出せなかったところもありましたね。
「ジャッジのことは色んな地方から来られているから、うちの試合だけでなく他の試合見ていても笛の違いはありますね。その辺で選手がフラストレーションを溜めながらやっていたので、シュートは余計に入らないしね。層が厚いチームではないので、5人のうち2、3人が調子悪かったり、ファウルが混んでしまうとなかなか苦しいところでしょうね」

-1年生の活躍が見られますね。
「能力はすごくある。もちろん東海で優勝できたのも1年生の頑張りがすごく大きいです。ただ、まだトレーニングをしっかりやっている暇が無かったのと、ママドゥなんかは5ヶ月くらいリタイアしていて、その間は走るのも出来なかったし。今は高校時代の力でやっているんだと思いますが、この冬にしっかりとトレーニングして体が出来
てくれば、来年はもっと良くなると思います」

-明後日、青山学院大との対戦になりますが。
「青学がどのようなチームかはこっちもある程度わかっているんだけど、オフェンスのやり合いになるでしょうね。そうしなくちゃ勝てない。特にアウトサイドの2人に関してはどんなにディフェンスを頑張っても、なかなか止められないでしょう。一生懸命頑張っても2人で40点くらいは取られてしまうでしょう。そういう中でうちが今日みたいなシュートじゃ勝負にならない。今日が悪くて、明後日が良くてシュートが入れば面白い展開にはなってくると思います。青学はインサイドよりアウトサイドのチームだし、うちはインサイドのチームだし。そういう意味ではお互いがやりにくいのかもしれないですよね」

-自分達の勝負できるところでという感じでしょうか。
「そうですね。とりあえず今日勝って、最低ラインの責任は果たしたと。次は負けても誰も何もいませんからね(笑)。そういうつもりで思う存分やります」


◆#4阿部準也(札幌大・4年・F・函大有斗高)

1120abe声を出し続け、チームを鼓舞していた。
最後の追い上げの連続3Pを決めたものの、
勝利には手が届かなかった。

-とても惜しい試合でしたね。振り返ってみていかがですか?
「あそこまで追いつけたのに、ひっくり返せなかったのはすごい悔しいですね」

-前評判では浜松大の方が上だったと思います。
「そうなんですけど、僕らは勝てるという思いでやっていました。そこまで力の差はないですし。大きな選手(#21ママドゥ)をどう止めるかが鍵でした」

-組み合わせが出てから、対策はやはりしてきましたか?
「それなりになっていたんですけど、試合になると練習通りにはいかなくて、ゴール下で簡単なシュートを決められてしまいましたね。止めようとするとファウルになってしまうし」

-この試合で自分達の力は出しきることはできましたか?
「出し切っても、負けてしまっているんで何とも言えないですね(苦笑)。勝っていたら出し切ったと言えるんですけど」

-学生の大会としては最後になってしまいましたが、4年間はいかがでしたか?
「負けてしまいはしましたけど、最後こういう形で終わることができたので満足できました」

-札幌大学で学んだこととは?
「関係ないかもしれないけど、感謝ですね。こういう場を作ってもらっている人に感謝したいです。OBの方も北海道から応援に来てくれたんで、そういう人達に感謝したいです」
スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。