BOJweblog2006

2006年度の大学バスケ界の大会レポート、選手インタビューなどを中心に掲載します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東大学リーグ1部 慶應義塾大VS早稲田大 Oct,22

慶應義塾大87(28-21,19-16,25-19,15-25)81早稲田大
1022akaseturumi最終週、早慶戦の第2戦は慶應大がリードを広げようとするところに早稲田大が食らいつき、緊張感のある内容となった。第1戦同様、慶應大は応援指導部が駆けつけ、リーグ戦最終戦を華々しく盛り上げる。
試合は早稲田大が残り1分で4点差まで追い上げるものの、最後は慶應大が逃げ切り、勝利を上げた。



詳しいレポートは「続きを読む」へ。


■GAME REPORT■
1022sakaitanoue開始から飛ばしたのは慶應大。#7竹内公輔(4年・C)のバスカンを皮切りに、#10香川(3年・F)、#11加藤(3年・G)らが続く。早稲田大は#5田上(4年・CF)が#7竹内をうまく交わし、内外からシュートを決めるが、慶應大ディフェンスの前にファイルとターンオーバーが多く出てしまう。1Qは早稲田大が7点を追う展開となった。

2Q出足は慶應大#7竹内公輔が連続得点。ダンクも飛び出し、第1試合から会場に詰めかけた多くの人を涌かせる。早稲田大は#9近森(3年・PF)が3Pなどを入れるものの、ファウルが続きリズムに乗れない。その間に慶應大はゾーンプレスなどからボールを奪い、点差を開いてゆく。しかしリードが油断につながったのか大きな縦パスでは早稲田大にカットされる場面も見える。しかし早稲田大はボールは奪っても攻め手を欠き、得点につながらない。2Qは10点差と開く結果となった。

3Q、慶應大は#7竹内公輔がスティールからダンクに持ち込むなど、派手なプレイを見せるが、早稲田大は#5田上、#10前川(3年・PG)、#9近森ののシュートなどでついてゆく。慶應大が混戦の中でも#7竹内の高さを生かせるのに対し、ゴール下で苦しい早稲田大は徐々に離される。攻撃をリードする#10前川もファウルが4と苦しくなり、3Qで一気に差がついてしまう。

1022kosuke4Q、このままいくかと思われたゲームは早稲田大が勢いづく。開始3分で18点差となるがタイムアウトで修正、高い位置からプレスをかけて慶應大を焦らせる。#7竹内が足を痛めて一時下がるとその愛大に速攻や3Pで追い上げる。慶應大は再三シュートを放つも決まらない。すぐに#7竹内が戻ってリバウンドは安定するが#5田上のミドルシュート、#9近森のフリースローなどでじわじわと追い上げた早稲田大。遂に残り1分で慶應大#21小林(1年・G)がテクニカルを吹かれると、#4岩隈(4年・SG)が落ち着いてフリースローを決め、一気に点差を7にする。更に早稲田大は#10前川が粘って3Pを入れ、4点差に追いすがる。しかし残り23秒、慶應大#11加藤がカバーからシュートを決め、点差を6とすると、そのまま逃げ切り、勝利をあげた。


スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。