BOJweblog2006

2006年度の大学バスケ界の大会レポート、選手インタビューなどを中心に掲載します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東大学リーグ1部概要@青学記念館 Oct,1

日本大84(22-24,15-18,23-24,24-26)94慶應義塾大
1001hashimoto優勝戦線に踏みとどまるためにはどちらも負けられない戦いとなった両校。第1戦の戦いで慶應義塾大が勝利し、共に2敗となった。
試合はまず点の取り合いとなる。日本大は#4菊池(4年・F)のシュートがが好調で、#7橋本(4年・F)の突破力も光る。一方慶應大は#4酒井(4年・F)や#21小林(1年・G)の外角のタッチがいい。1Qは日本大がやや有利に展開するが、2Qでは慶應大も巻き返す。まず酒井のシュートで逆転すると、#7竹内公輔(4年・C)がダンクを決め、波に乗る慶應大。日本大は#4酒井にマッチアップしている#9小野寺(4年・F)がファウルトラブルとなり、厳しくなる。しかし、3Q、第1戦でいいところのなかった日本大#5太田(4年・C)が奮起。竹内相手にゴール下を押し込み、ミドルシュートもきれいに決め、ディフェンスでも頑張りが見え、このQ10点の大活躍を見せる。4Q、日本大が#4菊池、#7橋本の3Pで勢いに乗ると、残り4:18で遂に慶應大を逆転。このまま勢いに乗るかと思われたが#5小野寺は5ファウルで退場となってしまう。慶應大は#21小林と#10香川(3年・F)の3連続の3Pで日本大を勢いづかせない。最後はファウルゲームに行く日本大だが届かず試合終了。慶應大は2敗を守り、日本大には痛い3敗目がついてしまった。
写真:日本大・橋本を阻止にいく慶應大・加藤。
■インタビューは詳細レポートをご覧ください。


青山学院大100(24-21,18-12,18-17,40-29)79日本体育大
1001syonaka一時的に勢いには乗れるがそれが持続できない日本体育大。この日は1Qから一気に離されることなく青学大に最初から食らいついていく。1Qは21-24と互角の戦いを見せるが前半終了時には10点差をつけられてしまう。3Qになると青学大は#6正中(4年・G)が3連続得点、岡田も3Pのファウルでフリースローを獲得するなど4年生が活躍。しかし日体大もゾーンからリズムを作り、#10高田(4年・F)、#81鈴木(2年・G)がバスカンを獲得するなど、一気に追い上げ、残り1:36で4点差にまで詰める。しかしここで持続できないのが日体大の苦しいところ。残り時間は青学大の早い攻めに再び点差をあけられて10点差と元に戻ってしまう。4Qになると青学大の走りが目立ち始める。攻撃がうまくいかない日体大は外角を打つことが多くなり、そのリバウンドをことごとく青学大に取られ、速攻につなげられてしまう。結局そのまま流れを止めることが出来ず、青学大が100点ゲームを達成。1敗を守った。残り3週、青学大は東海大、日本大、法政大との対戦を残す。強豪相手に1敗を守りきれるかどうか、今後の戦いが注目される。また、3勝の日体大は入れ替え戦を回避するためには少しでも勝利を積み上げたいところ。緊張感が漂う状況となってきた。
写真:青学大のランニングプレーをリードする正中。彼の完全復活が青学大の優勝を左右しそうだ。


スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。