BOJweblog2006

2006年度の大学バスケ界の大会レポート、選手インタビューなどを中心に掲載します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東大学リーグ1部概要 Sep,30

法政大103(19-21,25-27,24-31,35-19)98早稲田大
0930waseda試合は序盤、法政大#13深尾(3年・PG)が積極的にドライブで攻めていき得点を重ねるが、対する早稲田大はシュートを放つもののリングに嫌われ得点が伸びない。ボールが回らなかった早稲田大であったが、#4岩隈(4年・PG)の3P、#5田上(4年・CF9のバスケットカウントなどで法政大に追いつく。両者譲らぬ展開が続く中、ゴール下で得点を重ねていた法政大#3高久(4年・C)がファウルトラブルに陥りベンチに。ディフェンスに集中力が増した早稲田大は#4岩隈のスティールから#14木下(3年・PG)の3Pにつなげ逆転に成功する。そして点差を広げた早稲田大であったが、3Qに入り法政大#3高久のゴール下、#13深尾のドライブで再度リードを奪われる。しかし、#22太田(2年・PG)のドライブ、#4岩隈、#14木下の連続3Pで68-79で3Qを終える。4Q、#14木下の3Pで15点差をつけられたが法政大の反撃が始まった。#1末廣(4年・F)の連続3Pなどで追い上げ、早稲田大のミスも重なり#1末廣のシュートで同点とする。#5神津(1年・CF)のゴール下も決まり、早稲田大のファウルで得たフリースローをきっちりと決めて103-98と4Qで15点をひっくり返す逆転勝利を収めた。
■インタビューは詳細レポートをご覧ください。


東海大113(28-15,26-16,43-17,17-14)62専修大
0930sensyuホームでの試合となった専修大。未だ白星を挙げることができずにいるが、子供達の大声援を後押しに東海大に挑んだ。#32喜多川(3年・G)が先取点をあげ、#27五十嵐(4年・F)と#9田中(3年・F)の合わせが出るなど、出だしこそ悪くはなかった専修大であったが、速攻を決めてもすぐに速攻を出されてしまうというディフェンスの戻りの遅さが目立ち、東海大#15竹内(4年・CF)、そして#9松山(4年・F)に1Qだけで4本の速攻からのダンクを決められてしまう。その後もパスが回り、合わせで#24古川(1年・F)、#29嶋田(1年・CF)らが得点する東海大に対し、専修大の攻撃は単発に終わってしまい、点差は前半が終わって54-31と大きく離されてしまった。#32喜多川のシュートが決まりだし、#28能登(2年・F)がリバウンドで奮起しファウルをもらいフリースローで得点する場面が何度か見られたものの、良い形でシュートまで持ち込めてもシュートを決めきれずチャンスを活かせない。試合はベンチ全員出場を果たした東海大が113-62と快勝した。
■専修大・喜多川選手のインタビューは「続きを読む」へ。


日本大69(22-18,10-21,10-21,27-17)77慶應義塾大
0930sakaikikuchi1部リーグ戦は丁度この試合で折り返しとなる。優勝の行方を占う1敗の日本大と2敗の慶應義塾大が激突する注目の一戦となった。
1Qは慶應大が#11加藤(3年・G)、#21小林(1年・G)、#4酒井(4年・F)の連続ファウルでファウルトラブルに。この隙に日本大がつけ込み、得点を重ねるが慶應大も#22田上(1年・F)など下級生の得点もあり、離されずついていく。共に2mを超える日本大#5太田(4年・C)と慶應大#7竹内公輔(4年・C)のインサイド勝負は、序盤は互いにブロックも出て相手を伺う様子が見える。しかし1Qは#6斎藤(3年・G)の動きと得点が光って日本大が4点リードする。
ゲームが動いたのは2Q。開始2分、2ファウルで#5太田が下がり#11松本(3年・F)に交代すると、慶應大はミスマッチをついて#7竹内公輔からのアイソレーションを仕掛ける。ここで竹内がゴール下で連続得点、慶應大は波に乗る。これに加えて#4菊池が2ファウルで交代するとオフェンスで楽になった慶應大が逆転。勢いに乗る。その反対に日本大は残り4分間無得点のまま前半を終えた。日本大は3Qもミスが続き、ファウルトラブルもあってなかなか得点が伸びない。その間に慶應大が点差を開き、竹内公輔のダンクも2本飛び出して一気に20点差となる。日本大は4Qこそ得点では粘ったが、慶應大がそのまま逃げ切り初戦に勝利。注目の対決は共に2敗となり、勝敗ではこれで並ぶ結果となった。
写真:日本大・菊池とマッチアップする慶應義塾大・酒井。
■慶應義塾大・竹内公輔選手のインタビューは「続きを読む」へ。


青山学院大87(30-11,22-21,15-31,20-13)76日本体育大
0930miyamuraホーム&アウェイ方式を取り入れているこの週、青学大と日体大がそれぞれのホームで1戦ずつを行う。まずホームとなった日体大。会場ではグリー&ズリーとのポラロイド写真撮影コーナーやMIP投票のコメント掲示、ハーフタイムの出し物など、工夫がこらされた会場づくりとなっていた。
だが試合の中身は、ホームである日体大が出だしで一気に青学大に20点近く突き放され、会場の雰囲気も沈みがちに。この内容にハーフタイムには小谷コーチからの激しい檄が飛んだ。これが発憤材料となったのか3Qで日体大が巻き返す。徐々に存在感を戻しつつあるエース#10高田(4年・F)、#15宮村(2年・C)らがインサイドで積極的に点を取るようになると20点あった差をどんどん縮め、#27眞庭(2年・F)や#20田中(3年・G)の得点、#39赤石(1年・G)の得点で一気に4点差まで詰めて3Qを終え、会場も大盛り上がりに。このリズムを維持したい日体大。4Q序盤に#15宮村がゴール下を決めて遂に2点差まで詰め寄るが、青学大もそのまま黙っていない。#16小林(1年・F)の連続得点で差を広げ、日体大が外のシュートを落とし始めると再び点差を10点に広げた。最後は#27眞庭が連続で3Pを入れて粘るが、追いつくまでには至らず、青学大が勝利。1敗を守った。
写真:このリーグ戦でゴール下での成長が伺える日本体育大・宮村徹。
■青山学院大・岡田選手のインタビューは「続きを読む」へ。


◆#32喜多川修平(専修大・3年・G)

-ホームゲームということもあり、良い試合内容にしたいところだったと思います。
「ディフェンスの切り替えが悪くて、リバウンドとかには絡んで行くんですけど、その後に走られて、ガードがセーフティーにいなかったりすることが多くて点数入れられたんで、そこを修復しなきゃいけないところだと思います」

-オフェンスでも足が止まってしまうケースが多くなってしまっていますね。
「プレー見ちゃってるとこがあって、そこはディフェンの動きに合わせて動かなくちゃいけないですね」

-負けが続いていい状態とは言えないと思うのですが、チームの雰囲気はいかがでしょうか?
「練習中とかみんな目の色変えてやっているんですけど、練習でやったプレーを試合で出るようになればいい結果が見えてくると思うんですけど。そこは気持ち次第ですね」

-今日の試合の出だしは勢いあって良かったですよね。
「でも、3Qで離されてしまうんです。一試合通して集中力が続かないんですよね」

-そのように離されてしまうのは精神面なんでしょうか?
「オフェンスでダメなシュートとか打って悪いリズムになったときにディフェンスに引きずっちゃうんです。それでディフェンスが出来なくなっちゃってるって言われてて、そういう精神面もあるのかなと」

-ちょっと厳しい状況ですね。
「はい。何かきっかけにがんばっていきたいです。ディフェンスで75点くらいに抑えられたら見えてくるんで、がんばります」


◆#7竹内公輔(慶應義塾大・4年)
0930kosuke第1週では精神的にも肉体的にも
リーグ戦に入る準備ができていなかったが
試合を重ねるにつれて調子が上がってきている。
この試合でも2本のダンクを披露した。


-序盤、周囲の選手でファウルトラブルになってしまいましたが。
「けど去年より段々控えが活躍できるようになったんで、今日は控えやったら青砥(2年・F)がリバウンド取ったり趙(1年・C)がディフェンス頑張ったりできた。チームらしくなってきているので問題なかったと思います」

-今日は竹内選手自身積極的にボールに絡んでいるように見えましたが。
「日大なんで気合いが入ってたというのはあります」

-2Qで太田選手が下がった後に加藤選手に何か言いにいきましたね。あれは自分のところにボールを集めろということですか?
「最初のマッチアップが太田だったんで、そんなにインサイドで点は取れへんと思ってドライブとかミドルシュートとか打ってたんですけど、松本になったので高さでは楽やし『攻めるわ』と」

-その後アイソレーション気味になって連続得点となりましたもんね。自分の調子としてはどうでしょう。かなり戻ってきているように見えますね。
「そうですね、だいぶ。世界選手権終わって4週間経ったんですけど、チームの練習でも合うようになってきたし、久しぶりに戻ると僕がおらん間にチームが成長しているのも感じてます。今日は香川(#10)と大祐(#21小林)はそこまで良くなかったけど、あいつらもシュート決めれるし、加藤(#11)もホンマ成長した。アイツはやりやすいし、いいパスを出せる。後はミスをちょっと減らせれば(笑)」

-とりあえず気は抜けませんがまず1勝と。明日も勝ちたいですね。
「そうですね。後は阪神が今日勝つことかな(笑)」

-そっちですか(笑)。
「そっちです。本当は東海戦を終わってから全勝でいくつもりだったんです。でも青学大に負けてしまって厳しくなったんですが、今日は勝ったし、明日も頑張ります」




◆#4岡田優介(青山学院大・4年)
0930okadaここまで1敗、優勝争いに絡む青学大。
勝ってはいるが課題もあり、
気を抜けない状態に
主将として気を引き締めている。


-今日で折り返し地点を迎えました。6勝1敗となりましたが、この結果についてはいかがですか?
「もったいない負けを一つしてしまったなと思います。でも2敗する可能性もあった訳だし、もう一つ負けていたらもう優勝はなかなか難しい。でも1敗にとどめたことは良かったかなと思います。最初に負けて次に勝てたのは大きいですし」

-今日はホーム&アウェイで日体ホームでの試合でしたが、特にやりにくいということはなかったですか?
「そんなことはないですね」

-今日は前半で差ができてこのまま行くかと思われましたが、3Qで日体大に追い上げられてしまいましたね。
「気が抜けたわけじゃないんですが、相手のディフェンスがチェンジした時にこっちもいいオフェンスができなかったから。そこはオフェンス・ディフェンスの悪い部分の悪循環ですね。こっちが単純にいいリズムにできなかったということは、向こうも頑張ったということだし、基本的なことをやられて止められなかった。相手の15番(宮村徹)も良かったし、やられすぎてしまいました」

-このリーグでの青学大はリードしていても今日のように詰められて焦る場面が多く見られますが。
「それが問題なんですよね。なかなかいいリズムが続かない。何が原因かと言うと気持ちだと思います。4年が2人しかいないし、スターターは後3年、2年で、コントロールを上の2人がやってあげないといいモチベーション、いい気持ちの中でやっていけない。そこを気を付けたいんですが」

-正中選手がフルで出られないという中、岡田選手が引っ張っていく姿が目に付きます。しかしその分岡田選手の負担が大きい部分もありますね。
「今日もフェイスガードをやられて、3人で攻めきれればいいんですけど、それで決めきれないからやはり自分がやらなければならない。それでやると独り相撲のようになって正直厳しいんですが、そこをコミュニケーションしてやっていかなければと思います。3番、4番のポジションに期待したいところですが、下級生はまだ自分のことで精一杯な部分もある。だからやはり自分がキャプテンとして引っ張って修正したいと思います」

-試合をしながらそこをよくしていけたらという感じですね。来週以降は上位校との対戦も続きますが。
「そこまでしっかりこぼさずに、法政戦までは勝っていきたいです。徐々に強い相手になる方がいいし、そこで終盤に日大と東海に当たるのは組み合わせ的にもいいと思います」

-青学大の流れるような速攻とか、美しいバスケットを堪能したいですね。
「そうですね、みなさんが楽しめるバスケットをしたいですね。ダンクとかできないですからね、ウチは(笑)。走って魅せたいと思います」


スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。