BOJweblog2006

2006年度の大学バスケ界の大会レポート、選手インタビューなどを中心に掲載します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入れ替え戦 神奈川大VS順天堂大 Oct,30

神奈川大学97(15-21,20-22,31-11,31-27)81順天堂大学
1030jindai2昨年度と同じカードとなった。違うのはお互いの立場。昨年度は神奈川大が2部昇格を目指して順天堂大に挑んだが、今年は順天堂大が2部復帰をかけて神奈川大に挑む形となった。

試合は序盤、順天堂大のシュートが好調に決まり一時は20点のリードを奪う場面があったものの、神奈川大が次第に追い上げる。#6阿佐美(4年・PF)の3Pなどで点差を徐々に詰め、3Qで逆転に成功した。リードを奪った神奈川大は更に得点を重ね、順天堂大を一気に突き放す。追い上げる順天堂大、#11加藤(3年・F)の連続3Pで点差は再び一桁となったものの、ファウルトラブルに陥ってしまいフリースローによる得点を許してしまい点差は縮まらない。

2年連続同じカードとなった入れ替え戦は、今年度も神奈川大が勝利を収め2部残留を決めた。
写真:残留を決め、固くチームメイトが抱き合った。

詳しいレポートと神奈川大・幸嶋監督、増田選手、阿佐美選手のインタビューは「続きを読む」へ。
【“入れ替え戦 神奈川大VS順天堂大 Oct,30”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

入れ替え戦 国士舘大VS白鴎大 Oct,30

国士舘大学74(20-13,8-17,15-21,31-25)76白鴎大学
1030hakuo22部と3部Aの入れ替え戦は、3部Aを全勝、入れ替え戦に進んだ白鴎大とリーグ戦最終週で神奈川大に痛い2敗を喫した国士舘大との対戦がまず行われた。

序盤は互いに固くなかなか点の入らない展開となったが、3Qになると白鴎大がリズムを掴みリード、しかし国士舘大も追い上げて終盤は行き詰まる接戦となった。両チームのシューターたちが当たり始め、勝負の行方は最後まで見えなくなったが、白鴎大が逃げ切り、悲願の2部昇格を遂げた。
写真:監督を始め、スタッフ、4年生らが宙に舞った。

詳しいレポートと白鴎大・斉藤監督のインタビューは「続きを読む」へ。


【“入れ替え戦 国士舘大VS白鴎大 Oct,30”の続きを読む】

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

入れ替え戦概要 Oct,30

東京農業大77(10-12,20-10,23-18,24-24)64成蹊大
試合の序盤、硬さが見られる東京農大。成蹊大のダブルチームを攻略できず、ゴール下で攻めることが出来ない。対する成蹊大はブレイク、そして#13齋藤(3年・F)のアウトサイドシュートで得点するが、両者ロースコアな立ち上がりとなった。2Qに入り東京農大は#4会川(4年・G)、#11秋元(3年・G)をコートに投入するとチームが引き締まりディフェンスからリズムを掴み始めると、オフェンスでも#13大竹(2年・SG)の3P、速攻と得点を重ねて点差を広げていく。喰らいついていきたい成蹊大、終了間際に#20中島(2年・G)の放った3Pが決まり歓声が起こり30-22で前半を折り返す。
後半開始早々、成蹊大の連続得点で4点差まで追い詰めたが、東京農大はディフェンスの裏をかいたバックドアや#13大竹の連続3Pで再び点差を広げにかかった。13点を追う成蹊大は#17常盤(2年・C)のバスケットカウント、#13齋藤の3Pなどで追い上げにかかる。#4山下(4年・G)が懸命に飛びついたルーズボールを#13齋藤が繋ぎ、#17常盤が決めると66-58と点差を1桁に縮めた。さらに#20中島のリバウンドから前を走っていた#13齋藤へのロングパスが渡り得点するなど最後まで粘りを見せる。しかし、東京農大#11秋元の連続ドライブ、そして#13大竹のとどめとなる3Pが決まり、成蹊大は4Qで追い上げを見せたものの届かず、77-64で東京農大が勝利し、3部の座を守った。


専修大学83(26-24,12-17,29-5,16-15)61筑波大学
1030matsumoto1部8位の専修大と2部1位の筑波大学の入れ替え戦は、第3戦までもつれ込んだ。泣いても笑ってもこの1戦で来年、自分たちの所属リーグが決まるとあって、序盤から両者共に気迫溢れるプレーを展開する。
1Q、先制は筑波大。#5尾崎(4年・F)のバスカン。フリースローは外れたが、#4小松(4年・F)がリバウンドシュートを決め、開始1分で4-0とする。対する専修大はこの日、スタートにこの2戦出場機会がなかった#12松本(4年・G)を起用。更に、筑波大を幾度となく苦しめているゾーンディフェンスを敷き、筑波大を迎え撃つ。両者共にディフェンスが激しいため、ボールラインが下がらず、外角中心のオフェンスが続く。しかし両者ともシュートが良く決まり、1Qは互角の展開。
2Qに入っても拮抗した展開が続く。互いに譲らず、点の取り合いが続くが、残り57秒で筑波大が速いパス回しから#5尾崎がジャンプシュートを決めると同点に。更に専修大のオフェンスをしっかりと守りきると、#18片峯(1年・G)がブザービーターを決め、筑波大が3点リードで前半を終える。
後半に入ると、流れは一気に専修大へ。#32喜多川(3年・G)、#10飯田(2年・F)の得点で逆転に成功すると、更に#32喜多川のブレイクが決まり、筑波大を突き放しにかかる。対する筑波大は専修大のゾーンディフェンスを前にパスが止まり、足が止まり、シュートが入らない。その間に専修大は#12松本(4年・G)が筑波大のディフェンスをかき回し、クイックネスを生かしたドライブを決め、更に#10飯田のパワープレーなどで得点を重ねていく。なんとか得点の欲しい筑波大は必死にリバウンドに飛び込むものの、専修大#28能登(4年・F)が次々とリバウンドをもぎ取り、専修大に勢いとオフェンス時間をもたらす。筑波大はなかなか攻め手を見出すことができず、3Qは開始30秒に#14梁川(2年・G)が決めた3Pと残り2:26秒に#4小松のジャンプシュートの5得点に留まった。
最後の10分。3Qに開けられた点差をなんとかして詰めたい筑波大はゾーンプレスを展開するが、それを専修大#12松本が鮮やかに抜き去り得点する。更に#12松本は3Pを決め、専修大に更なる勢いをもたらす。一方の筑波大は#14梁川の3Pで対抗するも、焦りからか肝心なところでミスが出てしまい、なかなか得点が伸びない。更にはインサイドで体を張っていた#15木村理(2年・C)がファウルトラブルに陥り、ベンチに下がらざるを得なくなる。その間も専修大はオフェンスの手を緩めることなく、次々と得点を重ねていく。最後、筑波大は3Pを乱発するもことごとくリングに弾かれてしまう。残り1分を切った頃には専修大応援団から『専修コール』が起こる。
最後まで攻撃の手を緩めることなく、足を動かし、1部の意地を見せつけた専修大が大差をつけて勝利。1部残留を決めた。
試合終了後、コートの5人、そしてベンチメンバーが応援団の元へと駆け寄った。そこには、リーグ中には見せなかった笑顔がたくさんあった。そして、その目に光っていたのは嬉し涙だった。
■専修大・友利選手のインタビューは「続きを読む」へ。

【“入れ替え戦概要 Oct,30”の続きを読む】

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

入れ替え戦概要 Oct,29

東京工業大学92(17-25,16-16,24-12,22-26,12-13)93東京電機大学
1029kogyo4部18位の東京工業大と5部7位の東京電機第の試合は、前半差をつけられた東京工業大が次第に追い上げ、延長戦にまでもつれ込む大接戦となった。
1Q、出足は東京電機大のシュートがよく入り、8点のリードとなる。しかし2Qに入ると東京工業大#14鴇田(1年・PF)がこのQ12点をあげる活躍。電機大はターンオーバーが続き、リードを広げられない。だが点差は縮まらず8点差のまま後半へ。後半に入ると東京工業大の動きが良くなる。リバウンドで粘り、そこから得点チャンスにつなげていく。速攻も出始め、#14鴇田のシュートで遂に同点にすると、#20岩月(2年・F)が逆転。更に#8森田(3年・G)の3Pなどで一気に7点差にまでリードを広げることに成功する。電機大は#11山本(2年・F)の3Pで3点返し、なんとか4点差で第4Qへ。しかし開始早々#14鴇田がバスカンを獲得するなど、リズムは工業大。しかし電機大も#23西塚(1年・F)が3Pでバスカンを獲得するなど、意地を見せる。工業大がファウルトラブルに陥る中、獲得したフリースローを電機大がきっちり決め、再び電機大が逆転し、残り5分の勝負は1点を争う展開になる。残り36秒、#9菊池(3年・F)の放ったシュートが決まり電機大が2点リード。しかし工業大も#10佐々木(3年・C)が残り25秒で同点に戻すと、遂に勝負は延長戦へ。
残り5分の延長戦、工業大は#10佐々木がゴール下で粘り、存在感を見せる。電機大も#6濱田(3年・F)がドライブなど攻撃の起点となる。しかし共にチームファウルは5。ちょっとしたミスもフリースローにつながってしまう。ゲームは電機大がリード。しかし最後の最後まで接戦のまま続き、工業大は#13網谷(2年・G)が3Pのファウルを獲得するなど粘りを見せるが、最後はわずか1点差で試合終了。延長戦にまでもつれた大接戦は東京電機大が僅差で勝利、4部昇格を果たした。
写真:シュートにいく東京工業大・岩月。


学習院大学114(30-17,33-12,22-20,29-10)59朝鮮大学校
1019gakusyuin4部17位の学習院大と5部7位の朝鮮大学校の試合は、学習院大が最初から飛ばした。高さで勝る学習院大はゴール下では朝鮮大を全く相手にしない。朝鮮大が攻めあぐねる中、次々とターンオーバーから攻撃につなげ、1Qでダブルスコアに迫る勢いとなった。苦しい朝鮮大は、ゾーンにチェンジ。するとその効果が出、学習院からボールを奪うが、フィニッシュまでは決めきれない。苦しい展開が続く。一方、前半で大差をつけた学習院大は#4菅谷(4年・F)が好調、3Pを次々決めてゆく。そのままセカンドメンバーも順次出場させ、最後はもう1人の4年、#14田邊(4年・GF)も出場させ、シュートが決まるとベンチが全員飛び上がるほどの歓声につつまれる。こうして余裕を持ったまま学習院大が勝利。入れ替え戦とは思えない高得点をたたき出し、4部残留を決めた。
写真:田邊の得点にわきかえる学習院大ベンチ。


一橋大学89(21-11,27-18,22-21,19-31)81帝京大学
1029akaho序盤から一橋大学が連続得点でリードする。さらにはオフェンスリバウンドも飛び込んで奪い、攻撃チャンスを広げる。一方の帝京大だがリズムは悪くないもののフィニッシュが決まらない。2Qに入ると一橋大は#7高木(4年・SG)が3Pで得点を重ね、点差を広げる。帝京大はゴール下への巧みなパスを見せるものの外角からのシュートがことごとくリングにはじかれてしまう。前半終了のブザーと同時に一橋大#4川岸(4年・GF)の3Pが決まり、48-29とその差をさらに広げて前半を折り返す。
後半開始早々に帝京大#7黒田(3年・G)がミドルを立て続けに決め、反撃を開始する。これに応えるように、パスカットからの速攻で一気に得点を詰めにかかる。しかし、一橋大#5赤穂(4年・C)が大事な場面でのシュートを沈め、帝京大の流れを切る。さらには#23林(2年・CF)もミドルから得点を重ね、帝京大の追い上げを許さない。4Qに入り、帝京大が一橋大のオフェンスを押さえ込み、じわじわと点差を詰め始める。さらに、帝京大は勝負をかけたオールコートプレスを仕掛ける。するとこれが、みごとにはまる。あせりだした一橋大は足が止まりミスを連発。このミスを速攻につなげた帝京大が一気にスコアを重ね、残り3分で8点差とする。一橋大はタイムアウトをとり、立て直しを図るが、帝京大の勢いに押されてしまう。しかしここで、ここまで得点を重ねてきた帝京大#16平井(2年・C)がファールアウト。交代した#18小沢(1年・G)が3Pを決めるが、一橋大#23林がゴール下で落ち着いてシュートをさばく。時間的に苦しくなってきた帝京大はファールで止めにかかる。このフリースローを一橋大はしっかりと沈め、3部残留を決めた。



専修大学65(17-26,15-22,17-17,16-15)80筑波大学
1029tsukuba第1戦、専修大が勝利したことで後がない筑波大。その筑波大は前日とは打って変わって、序盤から足が良く動き、激しいディフェンスで専修大を圧倒する。更には外角シュートがよく決まる。#5尾崎(4年・F)は次々と3Pを沈め、インサイドでは#15木村理(2年・C)が奮闘し、専修大を突き放す。対する専修大は筑波大の激しいディフェンスを前に攻め手を見出すことができず、また、ゴール下でのファウルが混んでしまい、筑波大にフリースローを与えてしまう。リズムがよくない専修大はガードを#1友利(4年・G)に替え、#14森を起用。更に、第1戦で当たった1・2・2ゾーンディフェンスを展開。すると、筑波大の得点が止まってしまう。しかし専修大もシュートが入らず苦しい状態が続く。2Qに入ると専修大のゴール下のディフェンスが厳しくなり、それに対して筑波大が攻めあぐねる。その間に専修大は#32喜多川(3年・G)、#55横村(2年・G)の外角を中心にオフェンスを展開し、5点差まで詰め寄る。ここで筑波大は#18片峯(1年・G)を投入。すると速いパス回しから#18片峯、#14梁川の3Pが決まり、追いつかせない。外角でコンスタントに点を取っている筑波大が16点差をつけ、前半を終える。
後半に入ると専修大が得意のオフェンスリバウンドからの得点でじわりじわりと筑波大に忍び寄る。更にはゾーンディフェンスが効き、筑波大は前半ほど勢いはなくなる。しかし、筑波大はそれをメンバーチェンジで対処。#6畑田、#18片峯のブレイクで専修大の流れを断ち切り、10点のリードを守りきる。4Qは互いのディフェンスが光り、拮抗した状態が続くが、筑波大が専修大のミスを得点につなげるなどして点を重ねていき、リードを広げる。結局、筑波大が15点差をつけて勝利。通算成績を五分に戻し、1部昇格への望みをつないだ。
写真:勝利に湧く、筑波大の面々。
■筑波大・尾崎選手、木村理選手のインタビューは「続きを読む」へ。




法政大学82(20-11,16-17,21-15,25-13)56大東文化大学
1029sasaki1戦目では法政大が点差以上の差を見せ付ける形で勝利し、残留に王手をかけた。これにより大東大は後がなくなった。試合は法政大#3高久(4年・C)が開始からゴール下で得点をあげ、#23信平(1年・F)の3Pでスタートダッシュを切る。対する大東大はシュートが入らず得点が伸びないでいたが、シュートが入るようになるとディフェンスのリズムも次第に良くなってきた。2Qに入ると、#15阿部(3年・G)のリバウンドシュート、#13チャールトン(3年・W)のドライブなどで大東大が追い上げ、点差を6点差まで縮めてきた。焦りの見える法政大はミスを犯してしまう。ここで一度ベンチに下がっていた法政大#3高久が一喝。コートに戻るなりゴール下を決め、チームを引き締めた。36-28で前半を終える。
3Q、#23信平、#13深尾(3年・PG)と連続で得点し、さらに#5神津(1年・PF)と#3高久の合わせも決まり法政大が好調なスタートを切ったと思われたが、大東大#8高橋(3年・W)の連続3P、法政大のミスから#4金城(4年・W)が得点に繋げるなど、点差は広がらない。しかし、大東大のファウルトラブルにより、フリースローで点差は徐々に開き始めた。4Qに入り、法政大が一気に突き放しにかかる。勢いに乗った法政大は#3高久のゴール下での1on1、#64佐々木(2年・GF)のドライブ、#92福田大(3年・PF)のゴール下など連続得点をあげ、82-52と30点差をつけた。大東大はこれになすすべなく、82-56で法政大が勝利し1部残留を決めた。
写真:この日は出場時間も長く、見事なドライブも決めた法政大・佐々木。
■法政大・原田アシスタントコーチ、高久選手のインタビューは「続きを読む」へ。



【“入れ替え戦概要 Oct,29”の続きを読む】

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

入れ替え戦概要 Otc,28

成城大学53(8-35,3-15,30-23,12-27)100湘南工科大学
1028syonan今日から3日間、入れ替え戦が行われる。どのチームも、自分たちの意地とプライドをかけて試合に臨む。その第1戦目は4部20位の成城大学と5部5位の湘南工科大学との試合。
試合は序盤から湘南工科大ペースで進む。内外角ともにシュートが良く決まり、得点を重ねていく。更に足が良く動き、激しいディフェンスを展開する。一方の成城大は湘南工科大のディフェンスを前に攻め手を見出すことが出来ず、開始3分無得点。その間に湘南工科大はブレイクやリバウンドシュートなどで得点を重ねていく。2Qに入っても湘南工科大の勢いは留まるところを知らず、成城大を3得点に抑え、39点リードで後半へ。しかし、3Q。成城大の反撃が始まる。#14間島(1年・C)のゴール下をきっかけに、勢いに乗り始める。#13上野(2年・SG)の連続スティールからの得点で点を重ねていく。リバウンドも前半に比べ、よく取れるようになり、いいリズムでのバスケットを展開する。一方の湘南工科大には焦りが見え、思うようなオフェンスができない。成城大はこの10分で30点を獲得し、いい形で4Qを迎えることとなった。しかし、4Qは湘南工科大ペース。成城大は残り6分過ぎから得点が止まってしまう。結局、40分通してコンスタントに得点を重ねていった湘南工科大が勝利。4部昇格を決めた。
写真:シュートにいく湘南工科大・鳴坂。


武蔵大学70(20-10,19-20,20-18,11-18)66文教大学
1028musashi入れ替え戦第2試合は4部19位の武蔵大と5部6位の文教大の試合。ゲーム開始から早い展開が続き、差をつけられた文教大が追い上げる見応えのある勝負となった。
ゲーム序盤は武蔵大#11斉藤(3年・G)のシュートタッチが良く、2本の3Pを決めた他、文教大が次々ターンオーバーを繰り返す中、順調に得点を重ねる。インサイドでは武蔵大に叶わない文教大は外から打つしかなく。その確率が悪い。1Qで10点差をつけられてしまう。しかし2Qには全員でディフェンスを粘り、高い位置から武蔵大のボールを奪うと、スコアを重ね、追い上げを開始、しかし武蔵大も#5皆川(4年・C)や#7鳥居((4年・G)の活躍で追撃を許さない。3Qになると文教大に流れが来る。タイトなディフェンスからパスカットを狙うとそこから早い攻めにつなげ、残り5分、#5石川(3年・G)の3Pで遂に同点に追いつく。だが、武蔵大も慌てず#17清水(2年・F)、#11斉藤のシュートできっかけを作ると再び点差を開き、11点差をつけて4Qへ。文教大のコーチからは「走るのがウチのバスケだから」と最後に選手を締め直す。ディフェンスで武蔵大から次々タイムオーバーを奪ってボールを自分たちのものにし、#4軽部(3年・C)が3連続のゴール。焦る武蔵大からファウルをもらうとフリースローも決めると、再び#4軽部のシュートで残り4分、遂に文教大が初めてのリードを奪う。ここから激しい主導権争いとなり、最後の執念が互いのチームに見える。しかし文教大は1点リードしているものの、ファウルトラブルが厳しい。残り46秒で得たフリースローを2本とも外すと、残り26秒で相手に与えたフリースローが1本決まり同点に戻される。ファウルゲームにいくしかない文教大。しかし最後は武蔵大が得たフリースローをきっちり決め、勝利を手にした。文教大は4部に手が届きかけながら、それを手中にすることは叶わなかった。
写真:武蔵大の司令塔・鳥居。

法政大学92(37-12,18-24,27-19,10-24)79大東文化大学
1028takaku3年ぶりに入れ替え戦に進んでしまった法政大の対戦相手は、昨年2部降格した大東大。共にインサイドではずば抜けた高さはないチーム。2戦先勝で行われる入れ替え戦はこの第1戦目が何より重要になる。ゲームは開始から法政大ペースで進み、大東大が追う展開となった。
法政大は#3高久(4年・C)が連続得点をすると#8高崎(4年・F)、#5神津(1年・PF)の連続3Pが決まる。大東大も#16石原(2年・W)の2連続シュートが決まるが。その後は法政大の前にターンオーバーが続く。一方の法政大は#3高久を中心に次々大東大ゴールに襲いかかり、得点を重ねてゆく。外角のタッチが良く、ゴール下では#3高久の存在感が光り、大東大ディフェンスはこれを止めることができない。1Qで37-12という大差がついてしまった。インサイドに攻め込めない大東大は外からのシュートを打つしかなくなるが、その確率もなかなか上がってこない。一方の法政大は選手を入れ替えながら気持ちの上でも余裕を持って戦えている。2Qでは大東大も#8高橋(3年・W)やこの日31点を入れた#4金城(4年・W)のシュートで粘るが、大差はなかなか縮まらない。結局そのまま法政大が点差を維持、ファウルトラブルに陥った大東大は安定力も欠き、大事な第1戦を落としてしまった。
写真:シュートに行く法政大・高久。27得点。


テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

関東大学リーグ3部A 順天堂大VS白鴎大 Oct,8

順天堂大83(26-17.16-24.16-30.25-30)101白鴎大

2部の入れ替え争いが最終戦にいまでもつれ込むという熾烈さを見せているが、入れ替え戦を占う上で忘れていけないのが3部Aリーグ。10月7、8日に全勝でリーグを引っ張ってきたが白鴎大と順天堂大の直接対決が行われた。1戦目は白鴎大が82-103と順天堂大を大きく引き離し勝利を収め一歩前進した。

続く2戦目、順天堂大は#15綿貫(2年・F)のドライブや速攻などで得点を重ね、1Qでは点差をつけるものの、2Qに入りディフェンスが集中しだした白鴎大に対し、ゴール下で攻めることができなくなり点差は徐々に縮まっていく。そして3Qになると白鴎大#8片岡(3年・G)が大爆発。1戦目同様、3Qで連続3Pが決まり、これをきっかけに順天堂大を引き離す。順天堂大は自らのミスで速攻を許してしまい苦しい状況。このまま白鴎大がリードを保ったまま、83-101で勝利を収め、最終週を待たずに優勝を決めて入れ替え戦の切符と手にした。

詳しいレポートと白鴎大・斎藤監督のインタビューは「続きを読む」へ。
【“関東大学リーグ3部A 順天堂大VS白鴎大 Oct,8”の続きを読む】

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。